【WordPress】サイトマップの作り方

2017年8月30日ブログ運営WordPress

この記事では、Wordpressでサイトマップを作る方法について、まとめたいと思います。

WordPressでブログを始めたばかりの方は、是非参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

サイトマップとは?

その名の通り、サイト・ブログの全体像になります。

 

サイトマップを設置する理由は?

ブログ・サイトの全体像が分からない

もしサイトマップがない場合、サイトやブログを見にきた人が、サイトの全体像を掴めにくいです。サイトの方向性が分からないので、せっかく作成した記事やコンテンツも見てもらえません。

 

過去の古い記事が埋もれてしまう

ブログなど特に、トップページから最新に投稿された記事から見ていきますよね。そうなると、古い記事に辿り着く前に、別のサイトへ行ってしまい、せっかく頑張って作成した過去の力作が埋もれてしまうことになります。

よっぽど、そのブログやサイトが好きだったりしない限り、昔の記事から読まれることはほぼないでしょう。少なくとも、私だったらしないです。

 

サイトマップの作り方

WordPressでサイトマップを作成するのであれば、固定ページから作成すると思います。

サイトマップの必要な要素としては、カテゴリー別の記事や各コンテンツへのリンクがあればいいと思います。

自分で1からサイトマップを作るのもいいですが、記事やコンテンツが増えてきた場合に、記事を書く毎に、いちいちサイトマップも修正していく必要があり、とても大変かと思います。ましてや、カテゴリーを見直した時なんかは、全て作り直しになってしまいます。

そこで、Wordpressには便利なプラグインが用意されてますので紹介します。

 

「PS Auto Sitemap」

このプラグインを使うと、簡単にサイトマップを作ることができます。

プラグインのインストール

WordPressの管理画面より、「プラグイン」→「新規追加」と進み、「PS Auto Sitemap」を検索してみてください。後はそのままインストールするだけです。

 

サイトマップページの作成

WordPressの管理画面より、「固定ページ」→「新規追加」と進み、サイトマップページを作成します。

タイトルを入力して、本文に以下のテキストを貼り付けして下さい。その際、編集画面の右上にある「ビジュアル」タブから、「テキスト」タブに切り替えるのを忘れないで下さい。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

後は更新ボタンを押して下さい。

サイトマップページが作成出来たら、URLにある「~post.php?post=XXX&action=~」の「XXX」のIDをメモしておいて下さい。

 

プラグインの設定

最後に、プラグインの設定をして完了です。

WordPressの管理画面より、「設定」→「PS Auto Sitemap」へと進み、「サイトマップを表示する記事」の項目に先ほどメモしたIDを入力して、変更を保存して完了です。サイトマップのページを見てみてください。

デザインを変えたい場合は、「スタイルの変更」の項目を変更してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単にできますので、是非ともお試しください。

 

 

スポンサーリンク

2017年8月30日ブログ運営WordPress