Amazonアソシエイトの審査に通ったら必ず注意したい3つのこと

2017年9月12日副業Amazon アソシエイト, アフィリエイト

この記事では、Amazonアソシエイトの審査に通った後に、必ず注意して頂きたい点についてまとめています。

 

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトは停止される場合がある

Amazonアソシエイトの審査に通ったら、どんどん商品紹介をしていきたいところですが、その前に注意して頂きたいことがあります。

それは、Amazonアソシエイトのアカウントは停止される場合があるということです。

基本的には運営規約が守られていない場合に、アカウントが停止されます。ですので、運営規約は必ず読んでおいて欲しいのですが、中でも特に注意しなければならない点について、下記にまとめましたので、きちんとチェックしておきましょう。

 

Amazonアソシエイト利用上の注意点

アソシエイト利用のポリシーを明記する

Amazonアソシエイトを利用する旨が明記されていない場合、規約違反となりアカウント停止となる場合があります。そのため、Amazonアソシエイトを利用している旨を載せる必要があります。

ちなみに、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約には、こう書かれています。

乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。

ですので、サイトポリシーのページにでも、上記の文言を記載するようにしましょう。

 

未登録のサイトにアソシエイト広告を貼らない

複数のウェブサイトを運営している場合、あるウェブサイトで審査に通ったからといって、未審査のウェブサイトでAmazonアソシエイトを利用することは規約違反になります。

Amazonアソシエイトでは、最大で10サイトまでサイト登録をすることができますので、登録をしてから利用するようにしましょう。

自己アフィリエイトをしない

まず、自己アフィリエイトとは、自分で作成したアフィリエイト広告から、自分で商品を購入して、アフィリエイト報酬を受け取ることです。

自己アフィリエイトが許されているASPもありますが、Amazonアソシエイトでは自己アフィリエイトはしてはいけません。

ちなみに、Amazonアソシエイトは、アフィリエイトリンクからAmazonに飛んでさえいれば、紹介した商品でなくとも、別な商品を購入したとしても、報酬が得られる仕組みとなっています。

ですので、自分自身でも知らず知らずのうちに、自分で作成したリンクに入って、そのまま買い物をしてしまうなんてことも考えられます。

数回であれば問題ないですが、常習的には必ずバレますので、絶対にやめて下さい。

 

 

まとめ

アカウント停止となった場合は再申請することが可能ですが、故意に違反を繰り返し、悪質とみなされた場合は、二度とAmazonアソシエイトを利用できなくなってしまいます。

せっかく頑張って獲得したアフィリエイトの権利ですから、知らず知らずのうちに規約違反をして、アカウント停止になってしまったなんてならないように、運営規約をよく読んで、ズルはしないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

2017年9月12日副業Amazon アソシエイト, アフィリエイト