【オープンハウスで家を建てて10カ月】ドアクローザーの不具合が発生!アフター保証で修理

オープンハウスで一戸建てを建ててから約10カ月が過ぎましたが、ここで最初の不具合が発生しました・・・

3階屋上ドアのドアクローザーが壊れたようで、ドアがきちんと閉まりません。

これは自分では直せそうになかったので「オープンハウス」に連絡してみると、最終的に無償で修理してもらえることになりました。(アフター保証の範囲内)

今回は、不具合が起きたドアクローザーについてと、その修理までの流れについて記事にしたいと思います。

  • オープンハウスの家に住んでいる方
  • オープンハウスのアフター保証が気になっている方

の参考になれば幸いです。

 

不具合のあったドアクローザーについて

日曜日の朝、天気もいいので屋上で洗濯物を干そうと屋上のドアを開けると、いつもよりドアが勢いよくパッと開きました。

びっくりしてドアをよく見てみると、ドアクローザーのアーム部分(下記写真の赤丸部分)が外れていました・・・

これじゃあ、ドアがパッと開くよね・・・

いつ外れていたのかよく分かりませんが、換気のためにドアを開けっぱなしにすることがたまにあるので、その時にでもダメージを受けて、外れかけてたのかもしれません。

取り敢えず、自分でアーム部分の付け直しをして、一旦、見かけ上は直すことができましたが、今度はドアが自然体で閉まらなくなりました。

車の半ドアみたいな感じで、力を入れてドアを上に持ち上げるような感じで強く引くとやっと閉まる感じです。

ただ、鍵が2個あるんですが1個しか閉まりません。

 

オープンハウスに修理の連絡をしてみる

ドアの内側にロールタイプの網戸が付いている関係上、ドアクローザーをいじりづらく、また、直し方もよく分からず、これ以上下手にいじってドアが閉まらなくなったら困るので、自分で直すことは断念しました。

ということで、とりあえずオープンハウスに修理してもらえるかどうか連絡してみることにしました。

HPにあるお問い合わせページから、今の状況と修理してもらえるかを連絡しました。

ちなみに、私が家を建てたオープンハウス・ディベロップメントのお問い合わせページはこちらです。

お問い合わせ内容の「アフターに関して」にチェックを入れて、問い合わせをしました。

 

日曜日の昼頃に問い合わせをして、その日の夕方には担当の方から電話がありました。

内容をまとめると、

  • 今回の件については無償で修理をしてくれる
  • 実際の修理はドアクローザーのメーカー(YKK AP)がしてくれる
  • 明日の月曜日にはメーカーから連絡させるので、そこで工事日の調整をして欲しい

こんな感じでした。

ひとまず、一安心です。

 

ドアクローザー修理の流れ

月曜日(1週目)

この日は約束していたのにメーカーから連絡がありませんでした。

まあまあ、1日程度は誤差として我慢です。

火曜日(1週目)

1日経って、メーカーから連絡があり、

  • 対象のドアクローザー部品の取り寄せに1週間ほどかかる
  • 部品が届き次第、工事日の調整をさせて欲しい

ということで、部品が届くのを待ちます。

月曜日(2週目)

メーカーから部品が届いたということで、工事日の調整連絡がありました。

平日は家にいないので、土曜日に修理してもらうことにしました。

土曜日(2週目)

「YKK AP」の修理担当の方が来てくれました。

早速ドアクローザーを見てもらい、不具合の状況を伝えると、

  • 不具合の原因はよく分からない(え?)
  • ドアクローザーの新品1式持って来たから、取り敢えず交換してみる
  • ただ、ドア側でないほうのアームについては、交換するには網戸ロールの取り外しが必要。
    クロスが剥がれるかもしれないから、今回はそのままにさせて欲しい

ということでした。

まあ、新品に替えるんだから直るだろうということで、それで作業をしてもらうことにしました。

 

修理して頂いた結果、ドアも閉まるし、鍵も2つとも閉まる状態に直りましたが、新築時の状態までには回復しませんでした。

というのも、ドアの開閉スピードをちょっと速くして、勢いで閉まるようにしたので、中途半場な位置からドアを閉めようと手を放すと勢いが足らずドアが閉まりません。(こんなもの?)

また、ドアを開ける時に、ガガっとドアの開閉がスムーズではなく、なんか気になる感じが残った状態でした。

 

ですがまあ、いろいろと修理担当の方に言って調整してもらって、新品に替えて一応ドアも閉まるし、鍵も掛けられるようになったので、なんだが不完全燃焼ではありましたが一旦良しとしました。

最後、サインをして終了です。

 

オープンハウスのアフター保証は中々良い感じだった

以上、ドアクローザーの不具合から修理までについてでした。

ドアクローザーが壊れた時は結構テンパりましたが、アフター保証で無償修理できたので一安心です。

ドア修理で不完全燃焼となった気になる点については、もうすぐ、1年点検の時期なのでそこでまた言ってみようと思います。

 

アフター保証をこんなにも早く使う日が来るとはと思っていませんでしたが、思っていたよりオープンハウスのアフター保証は良かったですね。