メルカリ初めて3日目で売れました!

2018年9月13日副業メルカリ

メルカリを始めて、3日目にしてついに売れました!

売れるとなんかすごい嬉しいですねー

もう、メルカリにハマってしまいました!

今回はメルカリでの結果と、売れたあとの流れについて、簡単にまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク

まず、戦績は?

今回の戦績ですが、5つ出品した内の1つが売れました。

出品していたものはバイク用のヘルメットになります。

状態良く保存していたことと、SHOEIというブランドがあったおかげで、約1万円で売ることができました!

今回売れなかったら、いつか引っ越しをする時とかのタイミングで捨てざるを得なかったの思うので、この1万円はとても大きいです。

購入して頂いた方、本当にありがとうございました。

 

売れてから発送まで

売れてからの流れとしては、

  • 購入者からのコメントに返事
  • 商品の梱包
  • らくらくメルカリ便で発送するコンビニの選択(ファミリーマートを指定)
  • ファミリーマート手続き

やってみたらとても簡単でした。

梱包は、適当に用意した段ボールに100均で買ってきたプチプチで包んで梱包。

ファミリーマートでの手続きも、

  • Famiポートに、メルカリアプリで表示される2次元QRコード読み込ませて発券
  • レジに発券した申込券と商品を持ってレジへ
  • レジで「荷物貼付用」の用紙と専用袋を受け取る
  • 専用袋を商品に貼り付けて、その中に「荷物貼付用」を入れて店員に渡す
  • 最後に「ご依頼主控」を受け取って終了

これだけでした。

 

すごいと思ったのが、送料をコンビニで支払う必要がないということ。

らくらくメルカリ便だと、売上金額から差し引かれる仕組みなので、手続きとしてとても便利でした。

 

メルカリで出品して思ったこと

メルカリを始めてギャップだった点が、値切り交渉ありきだということです。

出品してコメント通知が来て、最初だから余計にワクワクして見てみると、

「値下げできますか?」

というコメントが…

 

たしかに個人売買なので、普通のお店とは違って「値切り」は出来るし、またそれが醍醐味でもあると思います。

ただ、出品者側の視点で見ると、いきなり「値切り」交渉されると、なんか心のあたりがモヤモヤしました。値切りするってこういうことなんだなーって分かりました。(今まで値切りしていた家電量販店の方すみません…)

メルカリへの手数料は、売れた金額の10%です。1万円で売れたら1000円引かれて受け取れるのは9000円になります。

今回はらくらくメルカリ便を利用しているので、先ほどの9000円から送料分(約180円~1500円ぐらい)を差し引いたものが、最終的に受け取れる金額になります。

売る側としては、手数料とか送料とかを差し引いて、いくらの利益になるか考えて値段設定しているので、これがどんどん値切りされちゃうと、「うーん」という感じになるわけです。

まあ売ろうとしているのは、元々いらないもの or 捨てようとしていたものだと思うので、売れただけでもまだマシと捉えられれば、全然お得ですが。

ただ、値切りの仕方は気を付けないとなと学びました。

良い勉強です。

 

まとめ

メルカリって全体的に面倒くさいイメージでしたが、実際に使ってみると、とても便利で簡単であることが分かりました。

家にある自分では不要だと思っているものでも、意外にも簡単に売れちゃいます。

売れるまではお金が掛からず、始めること自体はタダですので、気になっている方は、まずは小遣い稼ぎとして始めてみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

2018年9月13日副業メルカリ