実家に帰省するときの交通費を3分の1まで抑えてお得に帰れちゃう方法

お得情報

お盆休みを利用して、久しぶりに実家に帰省してきました。

親孝行もできるし、懐かしさを感じれるし、何より、自分のところは田舎なので自然が多く、すごくリフレッシュできます。

いつもは仕事でストレスが溜まりに溜まっていたものがすーっと抜ける感じ。

息抜きは大事です。

 

ただ実家に帰るときのネックといえば、交通費ではないでしょうか?

飛行機で帰る人はもちろん、新幹線で帰るにしてもなかなかいいお値段になります…

だいたいお盆と年末に帰省する人が多いので、そう考えると2倍です!

家族がいれば、その分増えていきます…

 

できる限り交通費は安く抑えて、長期休暇を満喫したいものですよね。

なので、今回はわたしが今年のお盆に使った、青春18切符を使って、新幹線の値段の3分の1の安さで帰省できる方法をご紹介します!

 

スポンサーリンク

青春18切符とは?

JRの普通列車が1日乗り放題になる切符で、回数券のような形で5回分、または5人分として利用できます。

1回あたり2,370円で乗り放題です!

もちろん、途中の乗り降りも自由です。

ただ、利用できる期間が決まっているので、1人で帰省の往復だけしか利用しないとなるとあまりお得じゃないんですが、友達や家族で利用する分にはめちゃくちゃお得です。

 

注意点として、青春18切符を買って、新幹線の特急券と組み合わせる方法は使えません。

あくまで、普通列車での利用に限ります。

詳しくは、JRのHPをご覧くださいませ。

 

メリット:とにかく安い!

もうとにかく安いです。

電車に乗る区間が長ければ長いほど、お得度が増してきます。(逆に、近い場合は微妙です…)

わたしは実家が東北なので、東京から新幹線で帰った場合と比較すると、3分の1の値段になりました!

これはお得!

浮いたお金でお土産を買ったりしました。

 

デメリット:時間がかかる

もうこれはしょうがないですね。

鈍行列車なので、時間は結構かかります。

わたしの場合は、新幹線で帰る場合は2時間程だったのが、4時間になりました…

 

ただちょっと考え方を変えると、このデメリットをメリットに変えることができます!

途中の駅で降りて、その県の名産だとか食べたり、お土産だとかを買ったりするんです。

いつもは新幹線で寄ることがなかったのが、青春18切符を使えば乗り降り自由なんで、立ち寄ることができます。

意外な発見もあったりして、ただの帰省がちょっとした旅行気分を味わうことができました。

(宇都宮餃子はおいしいですね!)

 

まとめ

青春18切符を使った、お得な実家に帰る方法の紹介でした。

もし、長期休暇が取れる場合には、ゆっくりと旅行気分で帰ってみるのはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

お得情報