オープンハウスで住宅診断(ホームインスペクション)やってみた

2019年8月2日OPEN HOUSEホームインスペクション, 注文住宅

今回は、注文住宅で夢のマイホームを建てる時に気になる住宅診断(ホームインスペクション)についての記事です。

ハウスメーカーと何度も何度も打合せを入念にしたとしても、耐震装置を付けて耐震性を強くしたとしても、肝心の工事で施工ミスなどがあれば設計通りの耐久性や快適性は得られません。

家の工事が始まると、しっかり工事されているか確認しに行こうとしますが、二中は当然仕事があって行けませんし、今住んでる場所から離れていれば毎日見に行くっていうのも難しいです。

何より、素人がいくら見たって、どこが間違っていて、何が正しい施工なのかなんて分かりません。

我が家は、OPEN HOUSE(オープンハウス)で建てることにしたんですが、ここは良くも悪くも目立つ会社です。

ネットに書かれていることを全て本当だとは思いませんが、気になる悪い評判もチラホラ出てきます。

ということで、一生に一度の高い買い物で失敗したくないので、我が家は住宅診断(ホームインスペクション)をお願いすることにしました。

同じくホームインスペクションについて悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。



スポンサーリンク

お願いした会社「セイソク(精測)」

私は今回、「セイソク(精測)」という会社に依頼をしました。

東京都・埼玉県・神奈川県のエリアで、住宅の欠陥・手抜き工事の検査をされている会社です。

地盤改良工事や基礎背筋工事、上棟、断熱材施工、完成といった各施工タイミングで検査をお願いすることができます。

これらの施工の中から1つを選んで検査する1回検査、2つを検査する2回検査と、検査回数によって料金が変わってきます。

1回検査だと42,000円、8回検査だと250,000円というように、とても分かりやすい料金体系です。

5回検査(180,000円)を選択

私は、木造住宅で依頼数が多いという5回検査(180,000円)を頼みました。

検査コースを決めるにあたっては、契約前に1時間ほど打ち合わせをして、自分の場合は何回の検査をすれば妥当なのか、親身になって説明してくれました。

検査内容としては、

  • 基礎背筋検査
  • 土台敷き検査
  • 上棟後の検査
  • 断熱・サッシ廻り検査
  • 完成検査

これら5つのタイミングで検査をしてくれます。

セイソクさんのほうで、オープンハウスの現場監督に直接連絡して、検査日などの調整と検査自体を行ってもらえます。

こちらの現場立ち合いも必要ないので、こちらは特に何もすることはありません。

検査結果は、メールで速報で送られて、後日書面で郵送してもらうことになります。



セイソクを選んだ理由は?

検査値段が安い

注文住宅で家を建てると、間取りの打合せでこうしたい、ああしたいと夢が膨らむので、思っていた以上にお金が掛かります・・・

ホームインスペクションを頼む頃には予算オーバーの状態なので、いくら気になるとはいえ、あまり高いお金を払うことはできません。

セイソクさんは、仕事の受注をネットや紹介だけでしているので、営業費などの不要なマージンがないのでその分安いです。

住宅診断をしている他の会社のHPも見ましたが、「一生に一度の高い買い物ですから、50万、100万くらいはかけるべき!」という謳い文句が多く、値段が高いです。

確かに一理ありますが、50万、100万は高すぎだし、なんでそこまでの金額となるのかよく分かりません。

それだけのお金あったら、キッチンとか間取りとかもっとグレードアップしますね。

検査内容に納得できた

セイソクさんの検査内容は、検査回数に応じてどういったところを検査するのかという部分がとても分かりやすいです。

HPには今まで検査してきた写真がUPされていて、思ったよりも細かい部分についてもチェックされていて、しっかり検査されているんだなと分かりました。

契約前には検査内容についての詳しい説明があり、検査は「住宅基準書」という建築基準法などが書かれた分厚い本をベースにチェックリストがあって、それをもとに検査をするとのこと。

検査事項や検査内容が明確になっていて、検査した結果は写真とともに貰えるので、こちらもきちんと検査してもらえているなと評価できる点が良いです。

また、以前にオープンハウス・ディベロップメント物件の検査を何度かしたこともあるようで、私の担当となる現場監督も知っているとのことで、その点も安心できましたね。



OHDの評判についても聞いてみた

オープンハウス・ディベロップメント(OHD)の物件について、実際のところどうなのかについても聞いてみました。

  • 数年前からOHDの中に施工内容を検査する部署ができて、施工ミスなどを厳しくチェックしている
  • きちんと施工したことのエビデンスとして、天井裏や壁の中などの施工箇所についても写真を撮るようにしているらしい。(やってないハウスメーカーもある)
  • OHDの現場で過去検査した際に確かに施工ミスはあったが、それは他のハウスメーカーの場合だって同じ。
  • 今まであったOHDへ指摘事項は、施工の仕方の間違い・忘れがほとんどで、手抜き工事みたいなことは無かった。
  • 大工不足により熟練者が減って、施工ミスなどはオープンハウスに限らず他のハウスメーカーでも見受けられた。

オープンハウスは良くも悪くも目立っている会社なので、工事の部分については会社としても最近は力を入れているようです。

ずっと気になっていたことがいろいろと聞けたので、とてもスッキリしました。



気になるなら住宅診断(ホームインスペクション)はやったほうが安心できる!

夢のマイホームは一生に一度の買い物です。

これから20年、30年と長く住んでいくことになるので、もしちゃんと工事されるか気になっているなら、ホームインスペクションはしたほうがいいです。

特に私は心配症なので、モヤモヤした状態で新しい家に住みたくないので、ボーナス一回分だと思って頼むことにしました。

完成検査だけもありますので、それだけでも検討の価値があるかと思います。



ホームインスペクションの検査結果についてはこちらからどうぞ。

スポンサーリンク