オープンハウス・ディベロップメントでの耐震等級・制震システムGVA

2019年5月1日OPEN HOUSE

オープンハウス・ディベロップメントで家を建てるにあたって、今回は耐震等級・制震ダンパーのオプションについて記事にしたいと思います。



スポンサーリンク

耐震・制震・免震について

まずはじめに、地震対策にあたっては3つの考え方があります。

  • 耐震:地震の揺れに耐える
  • 制振:地震の揺れを吸収する
  • 免震:地震の揺れを逃がす

耐震

耐震とは、「地震の揺れに耐えること」です。

耐震の強さを表す指標として「耐震等級」というものがあり、1~3まで3段階に分かれています。

「耐震等級1」は、建築基準法で定められている基準を満たすレベルで、具体的には、

  • 数百年に一度とされる震度6強~7程度の地震で倒壊、崩壊しない
  • 数十年に一度とされる震度5強程度の地震で住宅が損傷しない

というものです。

「耐震等級2」は、耐震等級1の1.25倍の強さで、避難所となる学校や病院などの公共施設のレベルに相当します。

「耐震等級3」は、耐震等級1の1.5倍の強さで、消防署や警察署などの防災施設のレベルに相当します。

ここで、耐震等級の注意点としては、余震など繰り返し来る地震については考慮されていないことです。

建築基準法で定めている耐震等級は、大地震が来ても倒壊・崩壊せずに建物内の人が避難できることを想定していて、1度目は耐えても、2度3度来る地震には建物の補修をしなければ保証できないということです。

事実、大きな余震が連続して発生した熊本地震では、耐震等級1、2を満たす家であっても崩壊しているケースがありました。

つまり、耐震等級を2、3にすれば安心ということにはならず、耐震以外の地震対策が必要だということです。

制震

制震とは、「地震の揺れを吸収する」ことです。

制震装置を建物内部に取り付け、地震の揺れを最小限にすることを目的としています。

揺れが小さくなれば、それだけ建物のダメージも小さくなるので、建物の寿命も延びるというメリットもあります。

また、建物が高くなればなるほど当然揺れは大きくなるので、3階建ての狭小住宅を検討している方にはうってつけです。

導入コストとしては、高くても約100万円ほどなので、比較的手が届きやすい地震対策と言えます。

免震

免震とは、「地震の揺れを逃がす」ことです。

建物と基礎の間に免震装置を取り付けることで、建物に地震の揺れを直接伝えないようにする対策です。

耐震・制震に比べて地震の揺れを3分の1に減らすことができたという実験結果もあり、今のところ最も有効な地震対策です。

デメリットとしては、高い導入コストです。

制震装置とは違い、導入するのには数百万円が必要になってきます。



OHDの標準仕様では耐震等級1

OHDの建物は、耐震等級1が標準仕様となっていました。

ローコスト住宅なので仕方ないのですが、こうした構造に関するところは不安が残りますので、私の場合はグレードを上げることにしました。



OHDで可能なオプションの紹介

耐震等級2へのグレードUP

オプションでは、耐震等級1から耐震等級2へグレードUPすることができます。

耐震等級が上がると、筋交いが増えたり、壁が厚くなったり、間取りによっては壁を追加する必要があるそうです。

ちなみに、耐震等級3にすることはOHDでは不可能だそうで、他のハウスメーカーにお願いする必要がありますのでご注意を。

値段としては、私の場合で約35万円でした。(対象坪数によって前後します)

注意点としては、これは耐震等級2ではなく、耐震等級2相当であるということです。

正式に耐震等級2であると謳うためには、担当の行政機関に申請して証明を取る必要があるらしく、この性能表示取得費用に約10万円か20万円ほど追加費用が必要とのことでした。

例えば、地震保険では耐震等級2、3の家は優遇されますが、今回の場合だと証明書がないので耐震等級1として扱われます。

お金に余裕があれば申請するに越したことはありませんが、私は今回見送ることにしました。自分が住む家だし、地震にきちんと耐えてくれればいいので。

制振システムGVA(ジーバ)

オプションでは、制震システムGVA(ジーバ)を取り付けることが可能です。

このGVAの特徴は、

  • 「地震エネルギー」を「熱エネルギー」に変換して吸収
  • 耐震構造のみとGVAの比較実験で、揺れを最大70%軽減
  • 阪神淡路大震災級の地震波にも、連続6回耐え抜く
  • 素材はVEMという劣化に強いアクリル樹脂
  • 耐久性は40年以上の実績がある(計算上は70~130年)
  • 東京都庁や横浜ランドマークタワーでの利用実績あり

というもので、60,000棟の採用実績(2018年8月現在)がある商品です。

値段としては、建物の坪数によって前後しますが、598,000円~1,088,000円となります。

私の場合は、3階建て・狭小住宅ということもあり、938,000円でした。

ちなみに、evoltz(エヴォルツ)というオプション(468,000円~708,000円)も選べますが、私は断然GVAをおすすめします!(理由は後ほど)



制振装置を選ぶ上での注意点

制震装置は、ゴム(または樹脂)のタイプと、油圧式の2種類に分かれますが、油圧式はおすすめできません。

今回、いろんなハウスメーカーで話を聞いたところ、皆口を揃えて「油圧式はやめておいたほうがいいです」と言っていました。

理由は、油圧部分が経年劣化して、数年もすると効果が薄れてしまうからだそうで、交換するとなると油圧ダンパーは壁の中に設置してあるので、改修費用が結構かかるそうなんです。

一方、ゴム・樹脂のタイプは、40年~60年の利用実績があるほど耐久性が高いので、安心して長く使い続けることができます。

樹脂素材だと先ほど紹介した3MのGVA、ゴムだと住友ゴムのMamory(マモリー)・MIRAIE(ミライエ)になります。

ゴムも樹脂も仕組みは同じで、地震エネルギーを熱エネルギーに変えることで揺れを吸収します。



地震が気になる方は耐震等級2+制振システムGVAで安心

私は地震対策として以下のオプションを選択しました。

  • 耐震等級2へのグレードUP:約35万円
  • 制震システムGVA:938,000円

合計で、約130万円の出費となりました。

正直、少々値は張りますが、約130万円で約35年という長い時間を安心して買えると思えば安いもんかと。

いくらローコスト住宅と言えど、これから20年、30年住む家なので、家の構造に関してはお金をかけることにしました。

OHDのオプションで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

2019年5月1日OPEN HOUSE