【新築ホームインスペクション】断熱材検査(4回目)

OPEN HOUSEホームインスペクション, 注文住宅

3回目の上棟後検査から約2週間ほど経って、4回目の断熱材検査が終わりましたので、結果を書いていきたいと思います。

ホームインスペクションの経緯については、こちらの記事をどうぞ。



スポンサーリンク

検査内容:断熱材検査

断熱材の隙間や取付方法など、断熱材の施工が正しく行われているかの検査になります。また、外壁防水シートの貼り方や貫通配管廻りについても検査して頂きました。

主な検査項目としては、

  • 断熱材の取付方法
  • 外壁防水シートの貼り方
  • バルコニーの防水状況
  • 貫通配管廻りの止水状況

これら約20の項目について、チェックしてもらいました。



検査結果:指摘なし

今回は指摘事項がありませんでした!

台風15号がちょうど直撃したこともあり、特に防水シートについては特に心配でしたが、きちんと止水されているようで安心しました。

また、断熱材についても、壁が取り付けられると確認しようがありませんので、正しく施工されていることが確認でき、満足です。



次回検査:完成検査

次回は最後の完成検査になります。



スポンサーリンク