1年間使ったスリム型レンジフードってどのくらい汚れる?掃除は簡単?

以前、こちらの記事で紹介・おすすめしたスリム型レンジフードですが、使い始めてから約1年が経過し、年末の大掃除の時期がやって来ました。

家を建てる時にインテリアデザイナーの方から「ブーツ型のレンジフードに比べて掃除がすごく楽なので、絶対に選んだほうがいいですよ!」とおすすめされて選んだオプションのレンジフード。

実際に1年間使ってみて、どのくらい汚れているのか、そしてどのくらい掃除が簡単なのか、検証していきたいと思います。

 

まずは1年使ってみての油汚れ

こちらが掃除する前に、レンジフードを開けてみたところの写真です。

上部のフード部分には茶色というか、黄色っぽくなっているギトギトの油汚れが目に見えて分かります。

引きの写真で分かりづらいですが、「整流板」と言われるぶら下がっている板も一見キレイに見えますが、実際には油汚れでベトベトしています。

真ん中の黒い網(グリスフィルター)は、排気部分に一番近いこともあり油汚れが酷く、ホコリなんかもくっついて一番汚かったですね。

取扱説明書にも、グリスフィルターは特に汚れやすいので「1カ月に1度の掃除を推奨」とありました。(全然ガン無視してますね・・・)

このグリスフィルターを外した先にあるファンの部分を見てみると、

こちらも一見キレイに見えますが、よく見てみると油汚れでベトベトしているかなっていう感じで汚れてはいました。

 

こんな感じで想像していたよりも、1年間使った割には思ったほど汚れていないなーという感じでした。

以前住んでいたアパートではブーツ型レンジフードだったのですが、整流板がなくグリスフィルターが直だったので、油汚れが酷かったのを覚えています。

スリム型レンジフードの場合、整流板が付いていて吸い込み口を狭くすることで吸引力を上げているため、きちんと排気できる分、汚れにくいようです。

 

レンジフードを掃除してみる

では次に、どのくらい掃除が簡単なのか検証です。

レンジフードの取扱説明書には「お手入れの際は台所用中性洗剤を使うこと」とありましたので、ドン・キホーテで見つけた「ウタマロ」を使うことにします。(買ってからあまり出番がなかったのでラッキー!)

あとは、100均のダイソーで買ったウエットシートタイプの油よごれクリーナーを使いました。

 

整流板・フードの掃除

まずは「整流板」から掃除を始めます。

整流板を取り外して新聞紙の上に置いて、一面に「ウタマロ」を掛けまくって5分くらい待ちます。

この時の注意点としては、整流板を触る時にビニール手袋とかして触ったほうがいいです。そのあたりも結構油で汚れてます。

5分くらいたったら、まずはティッシュで吹き上げておおまかに油汚れを取り除いたら、油汚れクリーナーを使って仕上げの吹き上げを行っていきます。

これだけでめちゃくちゃキレイになりました!

 

上部のフード部分の油汚れについては、ウタマロを吹き付けて垂れたりするのが嫌だったので、油汚れクリーナーだけで吹き上げました。

ウタマロはちょっと水っぽいところがあるので注意です。

ここは見て分かる黄色のベトベトした油汚れでしたが、油汚れクリーナーだけでも一拭きでキレイになったので、拭いてて気持ち良かったですね。

グリスフィルターの掃除

一番汚れが酷い黒い網のグリスフィルターです。

私のところのグリスフィルターはセパレート式でコンパクトなサイズなので、取り外してシンクに置いて「ウタマロ」をこれでもかというくらい吹き付けて、しばらく待ちます。

10分くらいしたら、熱めのお湯で洗い流します。

すると、多少の油汚れ感は感じるものの、素手で普通に触れるくらいにまでキレイになりました。

あとは、キッチンペーパーで水気を取って終了です。

ファンの掃除

今回はパッと見てあまり汚れていなかったのと、あまり時間とれなかったこともあり、掃除はしませんでした。(サボり)

まあ実際は意外に汚れているんでしょうけど、今回はスルーしました。

今度時間がある時にやります。

 

レンジフードを掃除した結果

掃除が終わった後の写真がこちらです。

ちょっと光が反射し過ぎていますが、見ての通りめっちゃキレイになりました。

まだ使い始めて1年目ということもあるかと思いますが、ほとんど労力をかけずにキレイにすることができました。

掃除時間としても、全部で1時間くらいで終わりました。

 

スリム型レンジフードはお手入れが簡単だった

スリム型レンジフードを掃除をしてみた感想としては、

  • 全体的に凹凸が少なく、キレイに掃除できる
  • 取り外し可能な部分がコンパクトなサイズで掃除しやすい
  • 吸排気の効率が良いのか、そもそも汚れが少なく掃除が楽

でした。

最初、レンジフードの掃除を嫁から頼まれた時は顔が引きつりましたが、掃除をやり始めると楽チンでしたし、最後のほうは鼻歌を歌っていたほどキレイにするのが楽しかったですね。

家を建てるときはお金のことばっか気にして、こういった掃除のこととかは真剣に考えていなかったので、インテリアデザイナーの方におすすめされて本当に良かったと思います。

これからレンジフードを選ぶ方は、こういった掃除がし易いスリム型のレンジフードがいいですよ。

また、更に上級グレードであれば自動掃除機能がついているのもあるので、そういったものを選ぶのもありですね。

 

関連おすすめ記事

家を建ててから最初に起きたドアクローザーの不具合についての記事です。

関連記事

オープンハウスで一戸建てを建ててから約10カ月が過ぎましたが、ここで最初の不具合が発生しました・・・ 3階屋上ドアのドアクローザーが壊れたようで、ドアがきちんと閉まりません。 これは自分では直せそうになかったので「オープンハウス[…]