2018年の日経平均を大予想!気になるその結果は?

2018年12月30日株式投資日経平均

11月に今年2018年の日経平均はどうなるのか、ずぶの素人である私ですが予想してみました。(ちなみに、写真はイメージです)

12月28日に大納会を迎え、気になる結果が出ましたので答え合わせをしてみます。



スポンサーリンク

2018年の日経平均の結果から!

まずは結果から見ていきましょう。

2018年の日経平均はこんな感じでした。

10/2に年初来高値24,448円を記録して、年初来安値は皆さんご存知の通り12月26日の18,948円でした。

その差なんと、 マイナス5500円(-29.03%)でした。

10月も急に連日の上げ上げ相場で年初来高値を記録したかと思えば、その後ガクっと下げて、年末に向けてまた上がるのかなと思えば、たった数日で年初来安値を記録する大暴落。

twitterでも、この暴落で相当利益を飛ばしている人がいましたね。

現物保有ならまだしも、信用取引してた方なんて悲惨だったのではないでしょうか。



予想結果との答え合わせ

ではでは、答え合わせといきましょう。

私は11月に予想したのですが、年末予想としては21,800円としました。

根拠について簡単にまとめると、

  • 年末までにもう一度大きな暴落がある
  • 日経平均の暴落周期が12月中旬のため、近いうちに暴落がある
  • 年末株高というアノマリーもあり、年末に向けてある程度株高になる

こんな感じでした。

詳しくは、こちらの予想した記事をどうぞ↓



結果は12/28大納会の終値が20,014円。

年末予想との差は約1,800円なので、まあはずれですね。残念。

ただですよ?方向性の予想としては結構合っていたと思うんです。

「年末までにもう一度大きな暴落がある」「日経平均の暴落周期が12月中旬のため、近いうちに暴落がある」 → (実際)12/17から26にかけての大暴落

「 年末株高というアノマリーもあり、年末にに向けてはある程度株高になる 」 → (実際)12/26から28大納会に向けて約1,000円ほど戻し

まあ、もっともらしいことを言っているので、自己満足としておきます…(そこは自重します)



まとめ

結論としては、「予想はハズレ。でも方向性は合っていた」とさせて頂きます。

全然違うじゃねーか!等のご意見は、年末ですのでご容赦下さいませ。(一方的ですみません)

2018年は最後が大波乱だったので、もう後半しか記憶がないですが、前半も1月2月に暴落してましたよね。(遠い過去の記憶)

来年2019年は、実りある一年となりますように。



2018年の投資信託の運用実績についてもこちらの記事にまとめています。

スポンサーリンク

2018年12月30日株式投資日経平均